なぜ三島は死んで三船は生き延びたのか?(※自分で考えよう!)

アメリカに多くいる黒人は、元々、背が高いコンゴ族の人間だったのだ。

 

その流れで行けば、いけてるモンゴル人がいれば、すでにソ連かアメリカの奴隷でもおかしくない。

 

よって列島にチビばかり残ったからと言って、それは悩むに値しない。

 

 

地元の一部の言葉で言えば、三船敏郎は、ゴルモン三船だ。

 

植物は例え列島固有種であっても異国の地で咲けば、異国の固有種の特徴を帯びるとさえ言われていたりするものがある。動物は、もう少し高等なので、植物のように群生したりしないが、例えば、中国大陸の人骨と、弥生時代の人骨が似ていたりするらしい。ただし、日本の人骨は少し華奢だったりするようです。それは魚食、人口規模や密集度、つまり環境適応を促す地理的状況、母系社会、などが原因だったりしないかな?

 

ゴルモン三船は、本当かどうか知らないが、映画パンフによると大連出身なので、そう言う路線はあり得るのである。

 

私もいつしかホーミーが、鼻ホーミーだけでなく、喉ホーミーも安定化しつつあるのだけど、まだ音階を操作出来かかったりするのは、鼻ホーミーだけだね。別にいつもいつもやっている訳じゃないよ。そして私の鼻ホーミーは、上顎ホーミーと区別が分からないレベルだし(笑)。音楽の基礎知識もない。

 

(出来ることは出来るんだ!)

 

ところで、昔の噂によると、自衛隊員は軍人なので、外敵の知識から勉強することもあるそうである。であればこそ、中学生の頃から国際政治の話が好きなのだろうか?そうであれば、なおのこと、カーネルがアメリカ人みたいなのに、将来アメリカ人になれなかったら、八方ふさがりになる人がいて、時折、不祥事を起すのかなぁ?とさえ思うことがあります。

 

今朝も6:30頃、斜め向かいのマンションの方角から声がして起きました。どうも私が朝鮮人だと言いたいようです。私は日本国籍があるのでそれは違います。

 

どうして民間人を相手に軍隊ごっこしているのか謎ですが、要するにキリスト教徒以外の日本人は殺してもかまわない的な密約が、ヤクザとかの間に存在している線を疑っています。しかし、軍部はユダヤ系なので、片方でそれを笑っていることもあるのでしょう。

 

フルコンタクト空手を見せられても、東京芸大の絵を見せられても、何かいつも情報が足りなくて、教えてもらっても、何かが足りなくて完璧じゃないとなれば、アメリカ人の指令で、日本人には、何も本当のものを与えるな、プライドを崩せ、と言う命令が下されていて、それについてかん口令が敷かれているのでしょう。これは某左翼新聞社でもその疑いが濃厚です。私は家族や親戚に文学の知識など授かったことは無い。しかし、まぁ、孤独な仕事風景を見て育ってはいるけれど。

 

・・・だから東京に住んでいる限り、生煮えで一生を終わる仕組みだと確信したのが、旅行から帰ってきて、女が寄って来た頃だ。もう、25年、この状態を説明して理解できる奴を探してきた。

 

コンセプトは、とにかく”逆さマトリョーシカ”。

 

本当に千年越しで恨みを晴らさないといけないくらいの眼に合っているのはこっち側じゃないかな?

 

朝鮮戦争は酷かったにせよ、歴史時代からすると数隻分の芸者を輸出しているのは、日本人でしょう。最近は、韓国人や中国人の方がそんな接待が得意だから、アメリカやヨーロッパの目先が完全にあっちへ向いているのじゃないかなぁ?

 

一度戦争した相手は、どうやら永遠に身分が低いのですね。昨日の敵は今日の友、は植民地を騙す常套句と言う認識になりました。

 

アメリカ人になれないアメリカに精通した軍人は、それで浮かれるのじゃないか?

 

そんな時代があったのじゃないの?

 

東宝大工センターの外壁の壁画写真でも載せたかったが、絵を描いた人の著作権を主張されてしまいました。匿名性を守ることに興味が無いのかとの嫌味だったのかも知れませんが、何やら、”まだ分からない”、と言っている人がいました。しかし、そこは敷地内なので、路上に面しているから公共性が高いと強行も出来なさそうなので、一応、尋ねたのです。

 

水爆の友として、ゴジラの像など写真を載せると格好良かったなぁ(遠い眼)。