日々のメモ

昨日は顔芸と囁きで山口組にどつかれている自分の状況を、もう一度、洗い出す必要性を指摘された気分で漠然と右脳で考え続けていたようです。

 

今朝方の音声送信が、私たちキリスト教徒、と言う言葉を使って囁いている風でした。

 

はぁ?名乗るってそれだけ?

 

そこで、こう考えることにしました。

 

キリスト教徒は隠蔽体質。

 

ユダヤ系はオープンな戦略。

 

例外はあるんだろうけど、それぞれ原理主義者がいるし。

 

まぁ、私から見れば、変態を許さないキリスト教徒は隠蔽体質の独裁体制を築きやすい性質。

 

変態を祭りごとの様にさらしてしまうのが、芸能分野のユダヤ系、みたいにしか見えない。

 

レインボー・クロスは芸術作品の世界と言うことで解釈している。

 

まぁ、ここはキリスト教徒の朝鮮人とかその周辺しかいないみたいですね。私への嫌味を見ていると。創価学会ばっかりの可能性もあります。憲法上は私も居ても良いはずなんですが、警察も創価学会支持であれば、もう、半分以上の確率で取り締まれない朝鮮人街なのだと思います。たぶん、私じゃなくて、本当は周囲が北朝鮮の勢いじゃないかなぁ?とさえ思います。野次に応えていたら集まってきているだけでしょうか?

 

しかし、ヤクザなアメリカ人には騙された。