日々のネタ帳

Dirty trumpet社長はハーメルンの笛吹き男なのだろうか?教会の橋げたからドブに皮靴でも投げつけてアポカリプティック・サウンドでも聴けばいいのに!

 

なんてことは露ほども思っていませんが、どうしてロシア人がアメリカ人と?宇宙開発的なハイレベル協議では、まるで白人同士の同盟があるみたいじゃないか?こっちのロシア人は、ほとんどアメリカ人の成り済ましだと思うけど。

 

まぁ、ソ連時代に遷都しながらナチスと戦った都合、そちこちの旧共産圏にもモダンなモンゴル人が一杯いるんでしょうね。そう言うのに似た人をすべてロシア人と冗談で総称しているのと同じだろうか?もしかしたら、そう言う人をカルト教団が養子にしたりする傾向があるから北朝鮮が怖くなっているのじゃないかなぁ?

 

先にマフィアみたいなものや、旧自民党的な何かがカルト教団の遺伝子プールの一角として目星つけていたのじゃないかな?と言う妄想は昔から抱いていますが、実態は未だに分かりません。

 

ただ、ナチスドイツの独裁者は表向き元絵描きですね。絵描きの観点からも日本語が支持されていて、日本人の中国支配をプッシュしたかも知れないが、戦後はコミンテルンユダヤ系がいよいよ強くなり、音楽民族統治に傾き、やがては弁証法の隠蔽と音声送信攻撃が常態化したのかも知れない。

 

だからって太陽と同じプラズマが大好きなチャーチル首相も絵を描いた。ブッシュ大統領も。ボクシングのタイソンでさえ。あの亀田さえも。

 

私は投薬でトランプカードのような顔の漫画を描くのが精一杯だったけどね(笑)。