もっと凄いハードパワーがありそうだ

13:25頃、浴室を洗っていたら、音声送信。いつもの声で、自分の気のせいかと言うくらい実際には音波でもなく、脳裏に気配程度の声。

 

ロシア人の入った在日系がスポーツ界を支配している、とか一言。

 

うーん。そう言うことは、サッカーとか見れば、そうかも知れない。それとマフィアが仲良いようにも見える。あり得なくは無い?

(幻聴は間違ったことも言うからね。)

 

一帯では北朝鮮はお金持ちの国なので、よくよく考えたら、例えば戦後処理など考えたら、誰がその富を回収するのか?と頭の中でシミュレーションしてみると、アメリカ人より先に体制末期に欧州のマフィアが搔っ攫おうと介入してもおかしくないし、そもそも中国人が簡単にそれを見逃すとも思えない。

 

それでなかなか叩けなくなっていたのじゃないかと、素人の勝手な邪推。もしかしたらソ連の衛星国家としてスタートした可能性もあるので、色々な勢力が目を光らせていて、これは容易に叩けなくなっているんだろうね。

 

アメリカ人だけでなく韓国人もその財産権を主張する為、過大に自らの歴史的正当性を述べるあまり、ウリジナル、などと揶揄される状況なのかなぁ?

 

すべて政治的に理由があるんじゃないかと思えてきた。

 

しかし、音声送信は蚊のなく音より小さく、苦痛でも無いが、やはり完全自由でもないので、早く解明しないとならない。

 

マイクロ波の熱膨張弾性ーフレイ効果などと一般には言われる現象も、単にサイクロトロン共鳴でカルシウムイオンが飛び出すことなどを例に考えると、サイクロトロン運動が起きたら電荷オハジキだが、もしや状況によっては、電荷がチャージされて誘導起電力で細胞材料自体が振幅し、材料そのものが超音波を発することも考えられるのではないかと疑い始めている。磁気フォノン共鳴は金属材料中のサイクロトロン運動の一種だから、生体材料中では、あえてフレイ効果などと言うのかも知れない。

 

電荷がチャージされてニュートラルに傾けばプラズマすらも発生するのかも知れないし。そうなるとフワッと浮いて転んだりしないだろうかね?時折にわかに蹴りで不思議な転倒を経験する。

 

NASAのサイトなど見た方が勉強になりますよ。今まで見なかったので馬鹿だった。大学で奨めていたけどね。