素晴らしきかなソフトパワーかよ

漢字ターキーとでも茶化して呼びたくなるマフィア風に威圧されることが多い私ですが、こんな奴らがドメスティック奴隷な家族に粘着して、長年、妨害し続けてくるかと思うと、真面目にどこかの宗主国に核弾頭を向けたいくらい頭に来ますが、ニュースを見ると某国の方も留まることを知りません。

 

思い返せばトラウマになったかつての観光旅行中も、写真屋の店員が、中華料理屋の年端の行かぬ双子の娘をとてつもなく蔑んだ目で睨んでいた。単に不法滞在者だったかも知れないが、アジア人とは何と地位が低いのかと、失敗続きの挙句の集団的な侮蔑にそろそろ耐えかねて帰ろうともしていた頃、見せ付けられたものだが、今考えれば、こちらで言う、ロシア人の血でも何代か前に分け合ったナナフシみたいな少女だったので、もともと朝鮮とか中華の一部がマフィアと組んでカブキをしているだけじゃないのか。

 

そもそも私は白人の血が混入した若者がそんなにたくさんいることなど旅行に出た時も良く理解していないで、それまでにも東京などで既になんとなく虐められ続けていたので、今考えると、教えなかった奴らに逆差別を感じて、やっぱり嫌な奴らだな、とカルト教団には怒りしか沸かない。人種平等主義的な日教組の偽りの平和教育で育った世代としては、本当に欧州を見たとき、ちょっと軽い眩暈がした。その後に次第にに発狂したが、長年の後、治って来たので、もう、精神医療とも欧州的な価値とも距離を取ろうかと思っていたが、カルトと思しき集団ストーカなどの野次が止まないので、いよいよ真剣に考えてみれば、そもそも伝統文化など過去の文明にしがみ付いてもとっくに詰んでいる。それが身に染みたので、本当に切羽詰って戦う覚悟をして、全弾ネットで放ち始める勢いになったのだ。

 

この拷問のような人生を越えて戦いの原野へと向かって。

 

私とは何の関係も無いが、現実の事態も、早く朝鮮にミサイルでも撃てばいいのに、現実的には被害が大きすぎるにせよ、米軍もなかなかアジア人の為に戦うなどしないのかな、と思います。そろそろ本国が射程に入ってしまったとも聞くので、これから叩かれるのだろうか?

 

新撰組のように、背中から司令塔が斬りつけないと出撃をためらうのが本当の戦争なのかもしれないですね。これは日本人が弱いからでもないのでは?

 

まったくソフトパワー一点張りでいいのだろうか?

 

 ※21:45”ロシアとカトリックが組んでいるんだよ、わかんなーい”と女の声が路上からかすかに聴こえた。からかっているのだろうが、まぁ具体的例えれば映画のようにフルコン空手の一部とマフィアが同じってだけだったりすることにしかならないね。そんな程度の冗談。いつも姿を見せないで野次を飛ばすので、殺し合いを覚悟するようになって来ているが、現実には、防刃チョッキも揃っていないしなぁ。サードもねぇ。言う通りのそれだけの命中精度と迎撃率なら、マクロスよろしく先に全弾撃ち込んで、敵が反撃してきたのだけノンビリ迎撃すればいいのですよ。今までもずっとやれないのだから、何かおかしいのじゃない?さっさとやらんから、遂にワシントンまで届くようになったと言い出した。馬鹿げているよ。