聴かせるんじゃねぇ!!!関って来るな!!!邪魔するな!!!

昔から周囲に赤化フレームが存在している。

 

別に当人は赤のつもりじゃないのだが、赤の真似をしたり赤に親和的なことを言っていると、周囲の圧力が若干減じるなどの音声送信や身体的な圧力の話だ。

 

これは、一家丸ごとブレイン・ジャックじゃないか?と言う私の疑いに整合する条件である。これは赤の差し金というよりも、アメリカ人か、マフィア的な存在が、完全に、日本人を裏切っているからであろうと推理している。私の疑い考えとしては、人権条約に触れるタイプのロボトミー手術でなければ、半世紀くらい前の東京では横行していた可能性が疑われもする。また、その現代版として非侵襲的な技術があればなおさら。

 

ところで空手のルーツは、ダルマ大師だそうですね。ヒンドゥー教徒かなにか知らないけどインド人らしい。

 

さしずめ、それで中国拳法のような横拳とは、まるで、刺繍奴隷と漢字奴隷のもみ合いで消耗していろ、と言うイギリス人の冗談かと思い違いしそうな話である。

 

一体、誰が仮想的なのか?

 

ドラゴを倒す為にタイソンになりたかった!

 

とか具体的に言ってもらわないと駄目だね。

 

北斗の拳じゃアニメだよ。映画より空想的だ。もう武道なんてものじゃなく、的を定めてトレーニングしたいくらいなんだよなぁ。それで、こんな流れるプールは逃げました(笑)。

 

まぁ、かつて日本人をロボット化しようとしている、あるいは日本はロボット国家だ、と言う話は、何回か聞きましたが、そう言う冗談の最も恐ろしかったのは、軍事マニアの周りと実は空手の周りの人の冗談です。あんまり強くなると米軍それ自体にマークされそうな話が無いわけでもないと。その程度のことだが、もっと言うと、例えばタイなど勝手に旅行していて、もしその国に軍事上の密約でもあって、格闘家はインプラントしてもかまわない等の決まりがあれば、それだけで大変な人生になってしまうのだから、無防備に外国ほっつき歩くな、的なことですね。私はこの路線を支持します。今となっては、そう言う技術があるのが本当だ。しかも非侵襲的に起こせるタイプのがあるよ。

 

(何回言っても病気の性にしようとして聴かないふりする医者どもに苦しめられたが、これこそが本当の人権侵害だ。例え東京湾に浮いても一生涯戦う気です。)

 

そう言うことだから軍事がやばくて、後、疑わしいのは、テレビで見た中国人の針治療や気功ですね。気功で胸にコインが張り付いたりしたら、それはナノ磁性粉が胸の辺りの皮膚組織に潜んでいるかも知れないなぁ、とか、今更ながら思い返しては疑ったりするのですよ。

 

どっちもイギリス人がいる。アメリカ人がいる。マフィアも顔を出す。ドイツ人の食指も動く。ロシア人も稀にいる。

 

誰も日本人の幸せを許したくないらしい。マフィアのような面をして殺すなどバイモードで言うのなら、そろそろ現実的なサイズであれば、反撃しますよ。拷問だと言っているだろう。そこまでやるなら、戦争できる国家にならないと不公平だ。