愉快なニート人生5(管理された豊かさの地獄)

頭が痛くなるたびに幻聴が消えます。 まだ、微かな気流程度には残っているけど。 1dbあるかないか。 今までもそう言ったけど、それまでは、声だった。だから下手すると本当は2dbとか行くのだろうか? 今は透明な空気の流れ程度。耳の穴直径程度あるかない…

愉快なニート人生4(なんだか更にまとまって来た)

はい。立体しか描かない。拡がりを見ない。は、駄目。 はたまた、ルシアン・フロイトの絵のようにモチーフだけ描いて、周囲の空間は、そっけないまでに簡素な処理。は、高度な隙間ねらい。珍妙なバランスだけど、全人類的に捨てがたい強い魅力を放つ。 (と…

愉快なニート人生3(結論として)

それで、一般に視覚的といわれる調子の見方が、実は彫塑的要素を多分に含んでいると言うことだった。 要素と要素が浮かんでいて、間に手が入りそうな所謂バイモードの見方の極北でもあるギャラクシーボール。これの対極として芸大風の面のデッサンがあるのだ…

愉快なニート人生2(補足説明)

昨日のベニヤ面取り顔面を考えても、画面の面と対象の面、そして画面の面の分割線と対象の面の分割線がそれぞれにあって、それらの把握能力は本当はそれぞれに別々かも知れない。その両者の妥協点や一致点を探るゆっくりとした味わいが、自分にとっての面の…

愉快なニート人生

近年の私は、一度、男性に生まれついたなら、彫刻と数学と格闘技こそが自由への道、と思うようになって来た。 それで高校生以来、彫刻などやっていないので、何をすべきかも忘れてしまったのだけど・・・でも、作りたい。孤独になると、絵よりもリアルな彫刻…

松果体の事実を隠す宗教派閥との戦いなのか?

はい。ちょっとだけ再開します。 一度は限定公開にしてたけど、まだ取り囲みの野次をやるみたいなので。 それで分かってきたけど、松果体が睡眠物質メラトニンを出すのは、そこが紫外線を感知する器官だからだそうです。アメリカ人の本にそんなこと正確に書…

共時性と霊長類

近代化の光と影。 アジアの原種に訪れた不幸。 拉致と言う汚名による間引きの工夫。 (フロイトの時代の心理学の成果なのか?) 特攻と言う運命。 奴のサード(第3の眼)はどこだ!!! 二つの地域にまたがった緊縮文化の存在。 闘犬のように。 ロシアとアメ…

アメリカが普通の国になる日

私には、映画で見るブルースリーも、トロンの坂村健の回りも、かつて不可解な事件が起きているように見える。 きっと、一部のモンゴロイドの遺伝は、白人とも似て能力が天井知らずだ。 生体超電導子や量子効果を起こしたように、発力パンチを打ったり、とて…

お前は誰が敵か面と向かって言えよと対岸にFUCK!!!

11:21 昨日は、散歩中に警官までキチガイなどとどこかの無灯自転車補導中に小声で囁く始末で、頭に来て、某市議会議員のブログに怒りを書き込んでいましたが、承認制だったようです。 それで興奮してなのか、寝つきが悪くて転寝していると、夢の中では…

東京はいい加減にうざったい。たぶん、アメリカ人の派閥。

早く音声送信止めてくれないかなぁ。まだ0~1db残っているよ。 ガキまでぶつくさ言うじゃないか。 俺は音声送信のせいで軽い口をたたいたりするけど、本意じゃないよ。 拷問のせいだよ。 それで何か言い返していい奴と思わないでくれよ。特に歩行中のすれ…

霊体との交信について

夕空の雲の上の遥か天上が、決して赤い光とは限らぬようにして、この量子揺らぎの結果起こった3次元宇宙の突出も、決して一切合切のすべてが畳み込み次元に因果を持つとは言えないと思う。よく分からないけど。 よく言われるUFOが現れる直前のノイズや、…

まったくくだらない話で流すけれど3

昨日は、”電気うなぎ”と”電気なまず”を間違えた可能性がありますが、あしからずと言うことでお願いします。ええ。はい。面白くしてしまいました。ごめんなさい。 補足すると、ベルクソンの考える認識の世界の成立は、たぶん、質的な量子効果の切捨てによって…

またくだらない話で流すけれど2(プラズマとケネディーと電気うなぎが教える精神科)

物質世界から人間の視細胞への経路において、2μmの細胞一個一個がすでに光子のスリット実験のような事態だと推理している。 ここからは、神経細胞を伝わる電気信号として、脳内の思考世界になる。 これは現実との遅れが0.5秒あるとさえ言われる世界だ。 こ…

またくだらない話で流すけど

特にノルマはありませんが、近日中の雑言と、この音声送信世界との付き合いの報告までに。 昨日は、一昨日なくしたドライバーが元通りペン立て等にさしてあって、半年前になくしたサッシの螺子が一個だけ床に落ちていました。別に誰かが置いた形跡は無いのだ…

煽られても良い文章は書けないよ(これだってリアルでの剣よりも強きなんとやら)。

つまんない周囲の雑言に言い返す為だけの過去の日記を2件ばかり下書きに戻す。 (新しい話題は、今、確認の為に、それらしい資料を探している所なので事実上はネタなし。) それで、脳の認識や処理系がおかしいのかも知れない、そちらからも錯覚が起こせる…

この状況においても共産主義は悪

前回の末尾に書いてある通り、自我意識と言語芸術の深い関係から精神医療の欺瞞性を説こうとしたが、まだ資料も読んでいないので、思いついたネタで。 私が海外旅行して他の日本人に教えてもらったことで大切な情報。 それは、大体において欧州では、生まれ…

あまりに卑近な末期的な状況の中でさえもプラズマは裏切った

近日も調べなければならない事が山積みで、解決しない内から次のアイデアが浮かび、以前のアイデアが、遥か先の循環と結びつくまでお蔵入りか、あるいは、その前に陳腐化して、鮮度を失うことの繰り返しだ。 (”循環”は使ってはいけないワードの一つ。恋愛の…

お前が説明しろ!!!殺すと言うのならどうぞ!!!

人類の内には、こんな綺麗な可愛い子がもっと増えないかな、とか、こう言う体格の良い男児がたくさん必要だ、となれば、組織的にペアリングしたり科学的に遺伝傾向のマッチングをしようと言う宗教団体くらい、すぐ現れるだろう。 これは、数世代かけて、ある…

精神医療そして霊魂その他

人間は社会的動物なので、ある因果関係の追及は、その社会集団内において、誰の仕業でこれこれの事態を招いたのか?と言う責任追及の心理に由来している可能性が高い。 あるいは、自然の摂理に対する感性とそうしたものが一体化したもの。 一般に、心霊現象…

俺の人類話の馬鹿げた根拠とか

一部ホコリがついているけどマイ髪の毛です。 小学生の頃から、1,2本程度、赤毛が混じります。 二十歳代の頃もよくアゴ髭にポツリと生えて何だろうな?と思っていたけど。 近年は、これがヨーグルトを食べ続けると生えて来ると分かっています。これ以上は…

近辺のキリスト教徒?が静かになったと思ったらまた誰かが何か言ってる件

神などと言う存在。空の上に誰かいるなどと、もはや信仰としては歴史時代の産物なのかも知れないが、十字架をシンプルに更新しても、抽象神になったわけでないのなら、もしかすると白昼夢を子供に植え付けていないのかなぁ? まぁ、それがいい神経性難病のス…

100均ショップ探訪と野次の日々

歴史時代、どこからかさらって来た子供を育てる時に、お母さんは星の世界にいるんだよ、とか言いさとし、母乳も足りなくて、家畜の乳で育てていれば、身体の適応や遺伝子の発現が多少は変わって、今までと違うニュータイプでも誕生しなかっただろうか? 何世…

世界の入れ子構造とその精神年齢にがっかり

近代合理主義の権化であるような直線的造型の建築(フンデルト・ワッサーが嫌った→※)。 有機的模様を描かない。 浮浪者のバラックも、直線的な小屋を建てるのがやっとだ。 資源が少ないからだろう。しかし、では私たちの近代以降の社会では? おそらく、情…

今更ながら単位換算の間違いなどについての訂正(俺に馬鹿言うお前が馬鹿と分からせる)

2015/11/15のブログで蜘蛛の糸を撮影したシャッター速度についての話題があります。 末尾に書き足した別の日付でね。 これは、1000*1000がマイクロ秒のスケールなので、1000*10くらいしか乗算していない感じで、桁数が間違っています。 2.5…

準備電位については今考えている所

人が、あるものを『幻想』だ、という時、それは単に『脳内処理』だ、と言っているのだと思えば、意外にアホに聴こえて、その人の議論は面白くなくなります。 脳内処理と言えば、それは現実と0.5秒くらいタイムラグがあって、交通事故の原因になるのが有名で…

業務日報的な、あるいは業務マニュアル的な、人類の生業をあえて辿る様に説明

心的システムはどちらかと言えばファーム・ウェアだし、神経系の上で上映されるホログラフィーなのかも知れない。 とすれば、クオリアと言うのも、赤の赤性についてオブジェクティブに指示できるか?と言う問題だと簡単に考えると、霊魂が死後もこの宇宙に残…

ネイティブでいると言う覚悟

時間と空間と物質の関係性が曖昧模糊とした幼児のパターン画の世界にまで逆行するかのごとき概念世界を構築できれば、ミクロとマクロが共存する、東大の電子博物館だったかのWEBの説明で見た、ウロボロスの蛇みたいな状態になるのだろう。 もう、こう言う人…

日本人はアクロバット・ライター!

日経新聞に掲載された木島櫻谷の狐のパノラマについてまだ考えています。 これ絵の前に木彫の狐をさらに置いたらどうですか? 手前は春になった設定で、子狐の木彫がコロコロしていて、小さな竹の子が芽吹いて、アフロディテとか女神を象徴する具象彫刻か、…

張りとは何か再考を迫られる?

近藤勇の写真とか昔の書とか調布の郷土博物館で見たよ。 細かい字だねぇ。なかなか見事だと思いましたが、しかし、あんまり”空間の響き”がないので私は好きになれませんでした(爆笑)。 帰ってきて日経新聞を開いていたら、日本画壇の忘れられた大家が載っ…

昨日の訂正など

選挙期間中ですけどね。 某選挙事務所の前を通ったら、旧人に分かるわけない、とタイムリーに街路に向かって事務所の人間の声が聞こえてきました。 まぁ、骨法もムエタイも、アラブに縁がありそうだ。こないだ上野のタイの仏像展に行ったら、アラブ人が歴史…